cti.li

Javaでの利用方法

ドライバの入手

以下のアドレスから最新版のドライバをダウンロードして下さい。

http://sourceforge.jp/projects/copper/releases/p8742

ドライバのアーカイブに含まれる、cti-driver-min-2.x.x.jar というファイルをコピーしてライブラリとしてリンクしてください。

cti-driver-2.x.x.jar は HTTPでの接続(http://cti.li/api/)を可能にするものですが、通常は上記の jar で十分です。

HTMLを変換する

以下は、HTMLをPDFに変換する簡単なプログラムです。

import java.io.File;
import java.io.OutputStreamWriter;
import java.io.PrintWriter;
import java.net.URI;

import jp.cssj.cti2.CTIDriverManager;
import jp.cssj.cti2.CTISession;
import jp.cssj.cti2.helpers.CTIMessageHelper;
import jp.cssj.cti2.helpers.CTISessionHelper;
import jp.cssj.resolver.helpers.MetaSourceImpl;

public class Example1 {
	/** 接続先。 */
	private static final URI SERVER_URI = URI.create("ctip://cti.li/");

	public static void main(String[] args) throws Exception {
	    // 接続する
	    CTISession session = CTIDriverManager.getSession(SERVER_URI, "", "");
	    try {
			// result.pdfに結果を出力する
			File file = new File("result.pdf");
			CTISessionHelper.setResultFile(session, file);
			
			// 出力先ストリームを取得
			PrintWriter out = new PrintWriter(new OutputStreamWriter(
				session.transcode(new MetaSourceImpl(URI.create("."),
				"text/html")), "UTF-8"));
			try {
		        // 文書を出力
		        out.println("<html>");
		        out.println("<head>");
		        System.out.println("<meta http-equiv='Content-Type' "+
		                      "content='text/html; charset=UTF-8'>");
		        out.println("<link rel='StyleSheet' type='text/css' href='style.css'>");
		        out.println("<title>サンプル</title>");
		        out.println("</head>");
		        out.println("<body>");
		        out.println("<p>Hello World!</p>");
		        out.println("</body>");
		        out.println("</html>");
			} finally {
				out.close();
			}
	    } finally {
	        // セッションを閉じる(忘れやすいので注意!)
			session.close();
	    }
    }
}

詳細なドキュメント

さらに詳細な使用方法は以下のドキュメントを参照してください。

copper-pdf.com 運営者情報・お問い合わせ